これはレアだね!Lee Ritenour-Valdez in the Country 1976

May 8, 2016

 

 

アメリカの音楽雑誌「Guitar PLAYER」が企画した

音源「Guitar PLAYER」(1976)

 

この中のLee Ritenourのプレイが聴きたいと、ここ10年くらい

思っていたのだがすぐ忘れてしまい、ふと思いだすの繰り返しだった

 

先日地元の音楽仲間との話の中でその話が出て、レコードブローカーの

友人に「あれってさ、CD化されてんの?」と訊いたら、なってないんじゃ

ないか、とのことだった

 

やっぱ、そうだよなぁ・・・ギター雑誌の企画ものだしなぁと 

思って話しているうちに曲名もいきなり思いだした

「Valdez in the Country」だ!Donny Hathawayの

 

これは名曲でいろんな人達がカバーしている

Bensonのバージョンもいいんだ

 

この中でのLeeのプレイが光っている、1976年と言えば初のソロアルバム

「First Course」をリリースした頃、フレッシュさに満ちあふれている

 

そんなわけか、この「Guitar PLAYER」での演奏はソロアルバムとメンバー

も若干かぶっている

 

Leeのフェーザーのかかったギターのカッティングから始まるこの曲、

Leeのプレイがソロ、バッキングとも素晴らしい

この後、超のつくファーストコールの売れっ子になっていくのも頷けるプレイだ

 

他のプレイヤー達もいいいい! 名盤なんて書いてあるレヴューもあった

再発してくれないものかねぇ・・

 

今回、いろいろ調べたが、やはりCD化はされてない模様

レコードは海外なら手に入りそうなので買ってみようかなと思っている

 

 

Valdez In The Country

 

Electric Guitar [Gibson Es-335] – Lee Ritenour

Bass – Bill Dickenson*

Drums – Wilson Q. Wilson

Keyboards – Patrice Rushen

Saxophone [Tenor] – Ernie Watts

Percussion – Steve Forman

 

 

Please reload

特集記事

CD化されたもののほぼ手に入らない作品 第一回「マザーグース」

May 7, 2016

1/1
Please reload

最新記事

December 8, 2016

October 19, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

    © 2016  M&M MUSIC SOCIETY