トミー・リピューマ氏、死去

March 15, 2017

 

1970年代を代表する、最も有能なプロデューサーの一人、

トミー・リピューマ氏が亡くなりました

 

彼の関わった仕事は名盤ばかりです

人には寿命があるにせよ、惜しい人を亡くしました

 

彼の作品は青春の大切な1ページでした

高校時代、初めて彼の作品に触れ感銘を受けました

 

それからはアルバムに彼の名前を見つければ安心して

レコードを買えました

 

彼の揃えたスタジオミュージシャン、アレンジャー、

(ニック・デカロやクラウス・オガーマンなど)

共に活動したエンジニアのアル・シュミット

みんな素晴らしかった

 

ボクの好きだった彼の作品を思うがまま上げてみます

 

ご冥福をお祈りいたします

 

George Benson - Nature Boy

 

Joao Gilberto-'S Wonderful 

 

Deodato - SAN JUAN SUNSET

 

 

Larsen/Feiten Band - Who'll Be The Fool Tonight

 

Neil Larsen - Last Tango In Paris

 

Seawind-Hold On To Love

 

Mark-Almond Band - The City

 

Michael Franks - Monkey See Monkey Do

 

 

The Claus Ogerman Orchestra - Time passed autumn (part ii)

 

Dr. John "Street Side" City Lights

 

 

 

 

Please reload

特集記事

CD化されたもののほぼ手に入らない作品 第一回「マザーグース」

May 7, 2016

1/1
Please reload

最新記事

December 8, 2016

October 19, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square