最近気になるフランスのアーティスト

September 1, 2016

ここ最近の音楽事情として1970年代のジャズやブラコン(ブラック・コンテンポラリー)

をアップデートしたスタイルが主流になりつつある中、90年代のハウスやテクノも

再燃しつつある

 

90年代サウンドの多くは70年代のものを再評価、再構築したものが多い

 

その中でもフランスのアーティストがおもしろいね

以前から気になっているのがフランスのMR Oizo (オアゾ)

 

数年前、Ed Banger Records(フランス)とか漁っていたらたまたま見つけたんだけど

ミニマル感の強いテクノサウンドだ

 

その構成感の薄いサウンドをビジュアル的に飽きさせないのは「ステファン」

というぬいぐるみだ

犬なのかなんなのかわからない謎の動物のぬいぐるみが無機的なサウンドに

暖かみを加えている

 

最近作から20年ほど前の作品まで遡ってもこの「ステファンくん」が登場している

 

今回、このMR Oizo の他、Boston Bun 、The Supermen Lovers、フランスのアーティストを

紹介したいと思う

 

 

 

Mr Oizo "Flat beat" 

「ステファンくん」が何やら社長役

ディテールすべてが洒落てる

 

 

MR Oizo "M Seq"

20年近く前からステファンは登場しているMR Oizo の重要なキャラクターだ

 

The Supermen Lovers (feat. Mani Hoffman) - Starlight

ちょっとキモいキャラのアニメーション、こういうところがフランスらしい

70年代から80年代にシフトする頃のブラコン感も強い

 

 

Boston Bun - Time Bomb feat. Piu Piu

90年代に出て来たジャズ・グルーブ的なサウンド、ボイスのショットサンプリング等

90年代的

 

 

Please reload

特集記事

CD化されたもののほぼ手に入らない作品 第一回「マザーグース」

May 7, 2016

1/1
Please reload

最新記事

December 8, 2016

October 19, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square